■サッカー

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■生伸二、行ってきました!(ボーフム対マリノス)

こんにちは。かのあしです。

随分久しぶりの更新です^^;3ヶ月?
みなさま暑い中お元気でお過ごしでしょうか?

実は、7月31日にボーフム対マリノスの試合に行ってきました!
本日は試合観戦レポートをお届けしたと思います。
写真はとらなかったので、テキストのみです。
(沢山撮ればよかったと後で後悔・・・^^;)


■ボーフムVSマリノス

6月に『ボーフムが日本に来る!』という情報をゲットし、ネットを
チェックしていたのですが、6月中旬にマリノスと親善試合をするという
ことで、チケットを購入。(もちろん1枚です。つまり一人観戦^^;)

ちなみに7/31は私、かのあしの誕生日!自分で自分にプレゼントじゃ~、
と思い、家族の了承を得、生伸二を見に行くことにしたのです!

当日は仕事を早々に切り上げ、5時に家に帰って準備開始。双眼鏡やら、
チケットを鞄に詰めて、「いざ出発!」という直前で、なんとカミサンと
娘がケンカを始めてしまい。最悪な雰囲気に・・・。仲直りさせるのに
少々時間がかかり、予定オーバーしてやっと出発!
(まったく、せっかくのイベントなのに・・・ブツブツ・・・)

途中で食料を仕入れ、日産スタジアムのある新横浜に向かいます。
初めてのスタジアムで、場所はあまり分かってなかったんですが、沢山人
がいるだろうから流れについていけばいいや~と思い駅を出たんですが、
ぬぬ、それらしい人がいない~~。急いで地図を確認。途中、外人さん
(ドイツ人?)の一団やマリノスユニの子供達に遭遇し、だんだんと
スタジアムが見えてきて、ほっと一安心。

結局、席についたのは試合開始10分前のギリギリ。練習もみたかった^^;
席はバックスタンドの4列目・・・って前3列封鎖してたので1番前!!
試合開始まで、サンドイッチをパクパクしながら回りをながめると、
ホームゴール裏に、マリサポ。バックスタンドの1角にドイツ人?
アウェイゴール裏に伸二の旗&垂れ幕。メイン&バックは一般客。
今日は1階席のみで、お客さんの入りは・・・7、8千くらいですか。

[前半]
19時にキックオフ!前半開始早々は、両チームともボールが収まらず、
ロングボールを放り込んだりで、少しバタバタ。が、ホームの利か、
徐々にマリノスペースに。マリノスは両サイド&FW(特に坂田)が良い
動きで、後ろからのロングパスが通りはじめます。40分過ぎ、ドリブル
で切り込んだ小宮山?がペナルティエリア内で倒されPK。これを、
山瀬がきっちり決めて0-1。

[後半]
マリノスは、中澤・山瀬等を交代し若手投入。ボーフムは変わらず。後半
開始早々からボーフムが攻勢。サイド攻撃からのヘッドで何度かシュートを
放つもおしくも外れる。後半10分くらいかな~。スローインから、
ゴール前にもっていきボーフム同点!!。その後、マリノスもチャンスを
つくるが試合はそのまま引分けでした。


伸二は後半20分くらいに交代でしたが、その前に腰を触っていたので、
少し痛めたのかもしれません。大丈夫かな。少し心配です・・・。
伸二は、少し下がり目の位置取りをしていたので、余り前目での動きは
見れませんでしたが、随所に技を魅せてくれて初生伸二に感激しました。

ボーフムですが、やはりテレビで見たのと同じですね。今期は選手の
入れ替わりもあったんですが、基本戦術(サイド攻撃、ロングボール)は
変わらないように思えました。伸二がフリーでいてもパスを出さなかった
りなので、まだまだ伸二中心のチームとまでは行ってないようですね。
やっぱりズデベルのチーム。それと、セスタクはいましたが、アウアーを
移籍したようで・・・FW心配です。

試合終了後、伸二&ボーフム選手がスタジアムを1周してくれました!!!
目の前に伸二が!いい年してはしゃげませんでしたが、ドキドキでした~。
取材記者のフラッシュが凄かったです!!伸二、結構焼けて黒かったです。

後、少人数でしたが、ボーフムサポ(もちろんドイツ人?)の応援が、
良かったです!。歌だけなのに、なんだかとてもカッコイイ!!
本場の応援を少し垣間見たような気がしました。

今度また日本に来るなら、その時も必ず行きますよ!!
1人は寂しいので、娘とカミサンも連れてくかな~。

では。
また。

スポンサーサイト

■ボーフム vs ハノーファー96&FIFA

こんにちは。かのあしです。

東京にも春一番が吹き、ようやく春も間近。でもまだ寒いですが。
強風で近くの学校の校庭の砂が舞い上がり、ベランダが砂だらけです。
ここのところ家族3人順番に風邪を引き、最後に私が今真っ最中。
熱はないのですが、のどがムズムズして咳がでます。苦しい~。
寝込むほどではないので、いつもどおりの生活ですがね。
さてさて、今週のボーフム&小野伸二はどうだったというと・・・。


ブンデスリーガ第21節 ボーフム vs ハノーファー96

日本時間の明け方4時30分キックオフ。眠い目をこすりながら起床。
予想はしていましたが、伸二がついにスタメンで出場!!

試合開始15分くらいは、ハノーファーにボールを支配され、こぼれ玉
もとれずバタバタしてましたが、徐々に落ち着いてきて、前半30分、
後方のズデベルからのパスを、相手DFの裏に抜け出したセスタクが
シュート!GKが弾いたボールが、走りこんできていた相手DFに当たり
オウンゴール!1-0先制します。

前半40分。隣に寝ている娘が「のど渇いた~お茶~」と起きてきて、
せっかく早く寝て早朝起床に備えたのに、あえなく一発レッドで退場
することになってしましました・・・わぁお~~ん(泣)

その後7時に再度起床。早送りで試合を観戦。後半開始早々に1-1に
追いつかれますが、そのすぐ後にセスタクからのクロスを、アウアーが
DFに競り勝って逆転のヘッド!2-1。その後は双方ともに攻め手を
欠きそのまま試合終了。

伸二は、得点に絡むシーンはありませんでしたが、良いパスもあったし
なにより、90分間フル出場できたことが収穫ですね。半年ぶりらしい。
徐々に調子を上げていき、味方とも連携も深まってくれば、活躍できる
と信じています。

次節はホームで上位のレヴァークーゼン。かなり厳しいががんばれ!


FIFA08

冬の移籍情報が反映され、ボーフムに伸二が加入!!やった!!
(JEFさん、cromboさん教えてくれてありがとうでした!)
ウイイレと違って、選手データが更新されるとこがGOODですね!

さっそく伸二をトップ下に置いて、4-3-1-2でやってます。
クイックプレマを2日間ほどで10試合くらいやりましたが、
ほとんど負けなし!詳しいフォメは後日また書きますが。

そこで、次回からはボーフムでランクマッチに挑戦していきます。
以前にたまにやってましたが全然勝てず、成績は7試合で0勝7敗
マイナスからのスタートですが、伸二加入で結構気合入ってます!

ボーフムを選択すると、いきなり切断されることがしばしばありますし、
2点以上リードすると、試合中でも切断される場合も結構ありますが、
めげずに挑戦していきたいと思います!!
もしランクでも構わないという方がいらっしゃいましたら、是非是非
対戦お願いします!(あっ、プレマでも良いですよ~)

では。
また。

■ボーフムVSハンブルガーSV

こんにちは。かのあしです。

久々の更新です。ご無沙汰しております。サッカーゲーム熱も最近は
落ち着き、夜中はDVDを見たり、早く寝たりで、昔のように毎晩毎晩
オンするということがなくなってしまいました。

FIFA08、面白くないって訳じゃないんですが、どうもウイイレの頃
のように夢中にはなれないです。かといってラグのあるウイイレは
やりたくないし。ボーフムに伸二がいれば、やる気が起きるんですが。
なので、このブログも当面は、ブンデス観戦記になるかもです。

週末はボーフムVSハンブルガーSVの試合を夜中に観戦。
フェイエにいた頃を思い出しますね~。いやはや。眠いです。
では試合の感想などを。

ブンデスリーガ第20節 ハンブルガーSV vs ボーフム

ハンブルガーSVのホームでの対戦。今回も小野伸二はベンチスタート。
HSVは故障のファン・デル・ファールトが不在。元伸二のチームメイト
カステレンも、故障なのかベンチ外。他に知ってるのは、デ・ヨンク、
ゲレーロ(ウイイレのペルーでよく使った^^)くらいですか。
ボーフムは、FIFA08にいる選手は名前はなんとなく分かりますが、
基本的には有名選手はいないので、顔と名前は全く一致しません。
まぁ、試合見ている内に覚えてゆくのも、楽しみのひとつですね。

ブンデス&ボーフムの試合を見るのは初めてですが、エールディビジ
よりは中盤でパスを繋ぐ感じ。解説の風間さんも言ってましたが、
両チームともにサイド攻撃が主体です。

試合は前半、ホームのHSVの攻撃を受けつつ、ボーフムもサイド主体で
反撃しますが、お互い、シュートまではほとんどいけず。そういう意味
では、下位チームのボーフム、守備はがんばっていたんですが・・・。
前半40分くらいか、ゲレーロ~オリッチの両FWに上手くDFの網を
抜けられ、先制されます。

後半15分頃、ついに伸二がアザウアーと交代でピッチに登場!交替の
直後からボールを受け、リズムを作ります。惜しいFK、クロスも
最初はあったんですが、その後HSVに立て続けに2点を入れられます。
試合はそのまま0-3で敗戦。オリッチ1人にやられた感じ。

伸二、良いパスを出す場面もあったんですが、味方との息が合わず。
今日は、助っ人としては今ひとつの出来でした。
前回のホームでの試合も、伸二が交代で入った後に2失点してます。
伸二のせいではないですが、伸二が入ることで、チーム意識が攻撃的
になったのかも知れません。

フェイの頃は、何だかんだ言っても、エールディビジでは強豪だった
ので、良い選手も多く、下位チームには大体勝ってましたが、今度は
そうはいかないようです。ボーフムで目についたのは、セスタク、
アザウア。伸二がアザウアと交替ではなく、同じピッチに立てば、
もっと面白い試合が出来るかもしれません。守備の負担は別にして。

それにしてもボーフムの守備、なんとかせにゃ~あかんですよ監督!

次節はホームで、ハノーファー96戦。がんばれ伸二!!

■デビュー戦で2アシスト!

こんにちは。かのあしです。

週末は東京は大雪。寒くて子供と雪だるまも作れずでした。
せっかく雪が積もったので、雪遊びを楽しみにしてた娘。すまん。

というのも、先週から体調が思わしくなく、ダルイ感じが取れません。
なので雪の週末は外に出たくない。まぁ車で買物くらいでゆっくり。
夜中のゲームも自粛気味。1週間くらいFIFAもやってません。

そんな中、週明けの今日、嬉しいニュースが!!!!

小野伸二、デビュー戦で2アシスト!

ブンデスデビューは2月半ばくらいとどこかで聞き、チェックせずでした。
ところがどっこい、契約から数日でいきなりベンチ入り!しかもデビュー!
今のところYouTubeにアップされていた動画しか見てませんが・・・

ウインターインターバル明けの、ボーフムの初戦はブレーメン。
ブレーメンは現在バイエルンを追う2位。作季MVPのディエゴのいる
チームです。しかもアウェーでの戦いです。

前半0-1で折り返した、後半22分。伸二がブンデスのピッチに初登場!
そして、交替後1分。2列目から猛ダッシュした伸二が、思いっきり
オフサイドっぽい位置にいる時に、相手DFに当たったボールが、
相手ゴール右に流れ、追いついた伸二が中に折り返し同点アシスト!
39分には、右からのコーナーから良い感じでボールを入れて、味方選手の
頭に合わせ逆転のアシスト!そのまま2-1で勝利!チームは11位に
アップ!

う~ん、お見事です。フェイエでのデビュー戦を思い出しますね~。
あの時も途中出場で、トマソンへのスルーパスを決めてくれました。
レッズでの2年を思うと、やっと運が向いきたかな?いや独り言・・・。

今回相手はブレーメン。しかもアウェーで何十年も勝ってないらしい。
1点目は思いっきりオフサイドポジションのように見えます。いや多分
そうだと思いますが(^^;)その前の猛ダッシュが良かったです。
2点目のコーナーは良いとこに蹴った伸二も上手いですが、競り勝った
味方選手に拍手!

初戦を飾ることができてホントよかった!チームメイトにもブンデスにも
良い意味でインパクトあるデビュー戦だったと思います!!
これで週末の楽しみが出来ました!次節はスタメンか?!

今のところスカパーでボーフムの試合は放送されてませんので、結果を
見るしかないのですが、長谷部・稲本と揃ってますので、是非、放映権
獲得して下さい!!絶対加入します!よろしくお願いします!!

今日は少々興奮気味で「!」ばっかりの文面ですがお許し!

では。
また。

■サッカー批評

こんにちは。
かのあしです。

最近、ウイイレ10をやる度に妙に懐かしい感じがします。なにかというと、
オープニング画面に必ず出てくるあの方、そうジーコ前日本代表監督ですね。
世の中すっかりオシムジャパンで、すかっり過去の人となってしまいました。
でも、ほんの3ヶ月くらい前なんですね。眠い目を擦りながら見た、ドイツ
ワールドカップ。

で、今日は本の紹介などを一つ。すません、ウイイレの話題じゃなくて。

先日、いつものようにサカマガ&サカダイを立読みすべく、会社の近くの本屋
に立ち寄ったところ、普段は手にしない『サッカー批評』に目が止まりました。
この雑誌、季刊誌で、硬派な内容を売りにしており、中々見る機会は少ない
のですが、今回、白の表紙に「日本サッカー批評-我々は惨敗を直視する」
の文字が目に飛び込んできました。

サッカー批評

内容はというと、目次の抜粋ですが、

・我々は惨敗を直視する──丸裸にされて迎えた6.12の悲劇
・ワールドカップ2006「立ち尽くす日」
・トルシエの語る「ジーコとオシム」
・「技術委員会」の軌跡
・8.9国立デモの衝撃!!  ほか

川渕キャプテンのオシム失言以来、ドイツでの敗退の分析を行うことなく、
次期監督候補のオシムのみにスポットライトを当てるやり方や、一選手のみに
よる敗因分析、はたまた、独自の視点で論評してきたサカダイの編集長交代。
などなど協会やマスメディアには失望させられてきました。
今回の『サッカー批評』では、ドイツワールドカップで日本代表が何故負けたか
を色々な角度から検証しています。特に技術委員長である田島幸三氏への
インタービューなどを読めば、協会の考え方、目標達成へのアプローチの甘さ
などが伺えます。また、8/9のデモの様子や、主催者への取材なども興味深く
読むことができます。

先日、無事アジアカップ本選へと駒を進めた新生「オシムジャパン」。
過去を振り返ることばかりが良いとは言いませんが、失敗したプロジェクトの
検証を行わないで、次の同じようなプロジェクトを成功に導くことはできません。

ドイツワールドカップが終わって3ヶ月。あの惨敗を忘れないためにも、機会が
あれば皆様も是非ご一読を。

では。
また。

プロフィール

kanoashi

Author:kanoashi
40overなオヤジウイイレプレイヤー。小野伸二&中堅・弱小チーム使い!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

FC2カウンター

バロメーター

ブロとも申請フォーム

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。